iKnow! について

利用規約

iKnow! for Business and Schools 利用規約

第1条(目的)

株式会社DMM.com(以下「当社」といいます。)は、当社による本サービス(第2条に定義されます。)の提供のために、iKnow! for Business and Schools 利用規約(以下「本規約」といいます。)を定め、契約者に本サービスの利用を許諾します。契約者は本規約及び当社が定める利用上の注意等を遵守して本サービスを利用するものとします。

第2条(定義)

本規約において使用する用語の意味は、次の各号に定めるとおりとします。

  1. 「本サイト」とは、当社が運営する「iKnow! (https://iknow.jp/) 及び同URL上にて提供されるウェブサイトをいいます。
  2. 「本サービス」とは、本サイト、並びにウェブサービスアプリケーション及び独立型のアプリケーションのために利用されるあらゆる種類のデバイス上で、当社が契約者に対して提供するアプリケーションサービス及びウェブサイトサービスと電子メール等を介して甲が利用者に対して発信する情報をいいます。
  3. 「契約者」とは、ユーザーネームとパスワードで認証された本サービスの契約者をいいます。
  4. 「ユーザーネーム」とは、本サービスを利用するに当たって当社が発行する契約者認識文字列若しくはメールアドレスをいいます。
  5. 「パスワード」とは、本サービスを利用する際にユーザーネームと照合して契約者を識別するための文字列をいいます。
  6. 「登録ユーザー」とは、契約者に所属する従業員(パート、アルバイトを含みます。)で、本サービスの利用のために登録された者をいいます。

第3条(本規約の変更)

  1. 当社は、当社が必要と認める場合はいつでも本規約を変更することができます。
  2. 変更の効力は、当社が別途定める場合を除いて、本サイトに変更後の本規約を表示した時点に生じるものとします。かかる場合、本サービスの利用条件は変更後の本規約に従うものとします。
  3. 当社と利用者の間において当利用規約とは別に個別の定め(以下、個別契約という)がある場合は、個別契約の規定が優先するものとします。ただし、プライバシーポリシーについては、この限りではありません。

第4条(無料トライアル)

  1. 本サービスのトライアルを希望する者は、本規約の全てに同意の上、本サイトのトライアル申込画面において当社が指定する情報を入力して申し込むものとします。なお、本サービスのトライアルを希望する者が当社に対し本サービスのトライアルを申し込んだ場合、本規約の全てに同意したものとみなします。
  2. 当社は、当社の裁量に基づき、前項の申込みに対して本サービスのトライアルを認めないことがあります。当社は、希望者の申込みを認めない場合においても、その理由の開示をせず、その他何らの義務又は責任を負いません。
  3. 当社が本条第1項の申込みを承諾し、当社が契約者に対してトライアル・アカウント(トライアルユーザーネーム及びトライアルパスワード)を付与した場合、契約者は、本サービスを最大14日間、10アカウントまで無料で利用することができるものとします。
  4. トライアル・アカウントは、初めて開設された日から14日が経過した時点で自動的に個人向けトライアル・アカウントに変更されるものとします。トライアルが終了するまでの間に、契約者が、第5条の規定に従い、本サービスの正規利用(以下「正規利用」といいます。)を申し込んだ場合、当社は、トライアル・アカウントを正規利用アカウントに移行するものとします。

第5条(正規利用)

  1. 本サービスの正規利用を希望する者は、本規約の全てに同意の上、本サイトの正規利用申込画面もしくは当社が発行する注文書において当社が指定する情報を入力して申し込むものとします。なお、本サービスの正規利用を希望する者が当社に対し本サービスの正規利用を申し込んだ場合、本規約の全てに同意したものとみなします。
  2. 当社は、当社の裁量に基づき、前項の申込みに対して本サービスの提供を認めないことがあります。当社は、希望者の申込みを認めない場合においても、その理由の開示をせず、その他何らの義務又は責任を負いません。
  3. 当社が本条第1項の申込みを承諾した場合、当社は、契約者に対して正規利用アカウント(登録ユーザーネーム及び登録パスワード)を発行します。
  4. 当社が発行する正規利用アカウントは、1契約者につき1つのみ発行されるものとします。これに違反して契約者が複数登録を行ったと当社が判断した場合、当社は、契約者の登録を抹消することができるものとします。

第6条(アカウント管理)

  1. トライアル・アカウント及び正規利用アカウントを、第三者と共有すること及び第三者へ貸与、公開することはできません。
  2. 前項の規定に反し、契約者又は第三者に損害が生じても、当社は一切責任を負わないものとします。
  3. 契約者は、設定されたトライアル・アカウント及び正規利用アカウントの管理について一切の責任を負うものとします。
  4. パスワードの管理権限は契約者にあり、当社はパスワード管理権限を持たないものとします。

第7条(環境設定)

本サービスを利用する為に必要な端末等の購入及び設定は、契約者自らの責任と費用で行うものとします。

第8条(利用範囲)

契約者は、本規約に基づき、以下の範囲で本サービスを利用することができるものとします。

  1. 契約者は、当社が承諾したユーザー数を超えない範囲で本サービスを利用するユーザーを登録することができます。但し、契約者は、契約期間中、本サイトの追加申込画面もしくは当社が発行する注文書において当社が指定する情報を入力して登録ユーザー数を増加することができます。
  2. 登録ユーザーとして登録された方のみ、本サービスを利用することができます。
  3. 契約者は登録ユーザーに対して、別途当社が定める利用規約を遵守させるものとし、登録ユーザーによる本サービスの利用について一切の責任を有するものとします。

第9条(利用料金)

  1. 契約者は、本サービスの対価として、本規約別紙に定める利用単価及び利用期間等に基づき計算される利用料(消費税別)を、申込日が含まれる月の翌月末日までに、当社が別途指定する銀行口座に振り込み送金する方法により支払うものとします(振込に要する費用は契約者の負担とします。)。また、契約者が登録ユーザー数の増加を申し込んだ場合、契約者は、当該時点で有効な契約期間の残存期間に按分された利用料(消費税別)を申込日が属する翌月末日までに上記銀行口座に振り込み送金する方法により支払うものとします。なお、契約者が支払った利用料は、その理由の如何を問わず返金されません。
  2. 契約者が当社に対して前項に定める利用料金を支払期限までに支払わなかった場合、当社は、契約者に対して、支払期限の翌日から支払済みに至るまで、年14%の割合による遅延損害金の支払いを請求することができるものとします。
  3. 前項の場合、当社は、当社の裁量により、契約者の本サービスの登録を抹消し、又は、契約者による支払いがなされるまでの間、契約者に対する本サービスの提供を中止することができるものとします。
  4. 別段の定めがない限り、当社の利用料金には、いかなる租税公課、関税又はそれらに類似する、いかなる種類の政府の賦課金(消費税、付加価値税、売上税、利用税又は源泉徴収税を含みますが、それらに限定されません)(以下、総称して「税金等」といいます)も含まれません。契約者は、本規約に基づく本サービスの提供に関連する全ての税金等を支払う義務を負うものとします。当社が、契約者が本項に基づき責任を負う税金等を納税又は徴収する法的義務を負っている場合、該当する金額を契約者に対して請求することができるものとし、契約者は当該金額全額を支払うものとします。

第10条(禁止事項)

契約者は、本サービスの提供を受けるにあたり、以下に定める禁止事項を実施することはできません。契約者が以下の禁止行為を実施していることを当社が確認した場合、当社は、契約者に対する警告、サイト上の掲載情報の削除、登録の削除等、しかるべき適切な処置をとることができるものとします。

  1. 当社又は第三者の特許権、実用新案権、意匠権、商標権等の工業所有権、著作権及び企業秘密等の知的財産権を侵害し、又は侵害するおそれのある行為
  2. 当社又は第三者の財産、プライバシー権もしくは肖像権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
  3. 公序良俗又は法令に反する行為
  4. 第三者を差別、侮辱若しくは誹謗中傷し、名誉もしくは信用を毀損する、又は侵害するおそれのある行為
  5. 第三者に対する脅迫、いやがらせ、その他経済的もしくは精神的損害又は不利益を与える行為
  6. 詐欺などの犯罪行為又はこれに関与する行為
  7. 第三者が不快感を抱く恐れのある暴力、残虐シーンなどの内容や、児童・青少年の人格形成等に悪影響を与える恐れのある猥褻、虐待シーンなどの画像や、メッセージなどを掲載もしくは送信する行為
  8. ストーカー行為等の規制等に関する法律に違反する行為
  9. 面識のない異性との出会い、交際、猥褻な行為を目的とする情報及び年齢制限を有する情報の掲載行為
  10. 選挙の事前運動、選挙運動又はこれらに類似する行為および公職選挙法に抵触する行為
  11. 宗教活動、これらに類似する行為、宗教団体への勧誘行為
  12. 他者になりすましてサービスを利用したり、当社からの許可を得ず商用に利用したりする行為
  13. 代表権や代理権がないにも関わらず会社などの組織を名乗ったり、又は他社と提携、協力関係にあると偽ったりする紛らわしい行為
  14. 商業活動、営利を目的とした利用およびその準備行為
  15. 無限連鎖講(ネズミ講)やマルチ商法、アダルトサイト等への勧誘。連鎖的なメール転送を依頼する行為および当該依頼に応じて転送する行為
  16. 問題性の強いデマ、風説を流布する行為
  17. 本人の同意を得ることなく又は詐欺的な手段により、他者の個人情報を収集、開示する行為
  18. ウィルスなどの有害なコンピュータープログラムやファイルなどを送信したり、そのURLを掲載したりすること
  19. 本サービスを第三者が受信可能な状態におく行為
  20. 本サービスに基づく派生物を作成する行為
  21. 本サービスの全部若しくは一部又は本サービスに含まれるコンテンツを複製、フレーム又はミラーする行為
  22. 本サービスをリバースエンジニアリングする行為
  23. 本サービスと競合する製品若しくはサービスの開発
  24. コールセンターの場所、インターネット回線など甲の一般的に開示していない機密情報を詮索する行為。
  25. 本サービスの運営又は他者の本サービスの利用を妨害し、若しくはそれらに支障をきたす行為など、弊社が合理的な理由に基づき、不適切と判断する行為

第11条(権利帰属)

本規約に基づき明示的に許諾された限定的な権利を除き、当社は本サービスに関する全ての権利及び利益(全ての関連する知的財産権を含みます。)を留保し、保有するものとします。当社は、本規約に明示的に規定される場合を除き、本規約に基づき、契約者に対して、いかなる権利も許諾するものではありません。

第12条 (著作権等)

  1. 本サービスを構成する文章、画像、動画、音楽、プログラム等の著作権は、契約者又はユーザーが作成したものを除き当社又はその作成者にあるものとします。
  2. 契約者は、前項に定める権利について、当社又は作成者の承諾を得ることなく転載、複製、解析、改変、翻訳、貸与、販売、配布あるいは派生的作品の作成をすること等はできません。

第13条 (本サービスの利用禁止及び利用停止)

  1. 次の各号のいずれかに該当する場合、当社は契約者に通知を行わず本サービスの利用禁止、利用停止、その他必要とされる手段をとることが出来ます。
    • 当社又は第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害する行為があり、あるいはそのおそれのある場合
    • 当社又は第三者の著作権、その他知的所有権を侵害する行為があり、あるいはその恐れのある場合
    • 当社又は第三者のシステム、又はデータの滅失、損壊、盗用行為があり、あるいはその恐れのある場合
    • ユーザーネーム、パスワードの不正使用がある場合
    • 違法行為あるいは違法行為をそそのかしたり容易にさせたりする行為、又はそれらの恐れのある行為が認められる場合
    • 当社の本サービス提供を妨害する行為、あるいはその恐れのある行為が認められる場合
    • 第三者の本サービス利用を妨害したり支障を与えたりする行為、あるいはその恐れのある行為が認められる場合
    • 契約者が本規約に違反した場合
    • 過去に本規約又はその他当社が定める利用上の注意等に違反したことを理由として利用禁止処分を受けた者であることが判明した場合
    • その他当社が必要と認めた場合
  2. 当社が契約者に対し、本サービスの利用禁止、利用停止などの対応を行った場合、対象契約者にその理由を開示する義務は負いません。

第14条(契約期間)

  1. 契約者による本サービスの契約期間は、契約者が本規約の全てに同意して、本サービスを申し込んだ時点から、契約者が選択した契約期間が終了するまでの間、存続するものとします。
  2. 契約期間が終了する10営業日前までの間に、契約者が当社に対して、契約期間を更新しない旨を書面にて通知しない限り、契約期間は、従前と同一の条件(契約期間を含みます。)で自動的に更新されるものとします。なお、契約者は、更新後の契約期間に対応する利用料(消費税別)を更新日が属する月の翌月末日までに、第9条第1項に定める銀行口座に振り込み送金する方法により支払うものとします。この場合、第9条第2項ないし第4項の規定が適用されるものとします。

第15条(解除)

契約者が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合、当社は、契約者に対し、事前に通知又は催告することなく、本サービスの利用を一時的に停止し、又は登録を取り消すことができます。契約者はこれらに対して一切異議を申し立てず、またこれらにより損害又は不利益を被ったとしても、当社を免責し、賠償請求その他一切の請求を行わないものとします。

  1. 本規約のいずれかの条項に違反した場合、又は違反した過去がある場合
  2. 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
  3. 本サービスの運営を妨害した場合
  4. 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、若しくはこれらに類する法的手続開始の申立てがあった場合
  5. 反社会的勢力若しくは反社会的活動を行う団体に所属し、又はこれらと密接な関係を有する場合
  6. 一契約者が複数アカウントの登録を行っていると判断した場合
  7. その他、当社が登録の継続を適当でないと判断した場合

第16条(存続条項)

第2条、第9条、第11条、第12条、第19条、第20条、第21条、第22条及び第23条は、契約期間の満了又は登録の取消しを問わず存続するものとします。

第17条 (本サービスの停止)

次の各号のいずれかに該当する場合、当社は、契約者に事前又は事後の通知を行い、本サービスの提供を停止することができます。

  1. サーバー又は周辺設備の保守、点検又は整備等が必要と当社が認めた場合
  2. コンピューターウィルス感染防止の手段として、サーバー又は周辺設備の停止が必要と当社が認めた場合
  3. 大規模災害等による不可抗力でサービス提供が不可能な場合

第18条(本サービスの終了)

当社は、当社が必要と判断する場合、あらかじめ利用者に通知することなく、いつでも、本サービスの全部または一部の内容を変更し、また、その提供を中止することができるものとします。

第19条(免責)

  1. 本規約に明示的に規定されている場合を除き、当社は、明示的か黙示的か、法令又はそれ以外に基づくものであるかを問わず、いかなる種類の保証も行いません。当社は、特に、商品性、特定目的への適合性を含む全ての黙示の保証を、適用ある法令により許される最大限において否認します。
  2. 契約者が他人の権利を侵害する行為(他人の名誉を毀損する行為、プライバシー権を侵害する行為、許諾なく第三者の個人情報を開示する行為、著作権法に違反する行為等)を行った場合、当該契約者は自身の責任と費用において解決しなければならず、当社は一切の責任を負いません。
  3. 契約者によるデータの滅失、漏洩又は本サービスで予定された目的以外での使用によって、契約者及び第三者に生じた直接又は間接の損害について、当社は一切責任を負いません。
  4. 本サービスの遅滞、停止、変更、終了、登録、利用禁止、利用停止等により発生した契約者及び第三者への損害について、当社に故意又は重大な過失が認められる場合を除き、当社は一切責任を負いません。

第20条(補償)

  1. 当社は、本規約に基づき認められた本サービスの利用が、第三者の知的財産権を侵害又は不正に流用していると主張して第三者が契約者に対して行い又は提起した請求、要求、訴訟又は法的手続(以下「請求等」といいます)から契約者を防御するものとし、当該請求等に関連して、最終的に契約者に裁定された損害賠償、及び契約者が負担した合理的な弁護士費用を、契約者に補償するものとします。但し、契約者が、 (i)当社に対して、速やかに請求等についての書面の通知を行うこと (ii)当社に対し請求等の防御と和解についての完全な管理権限を与えること(但し、当社は、契約者の全責任を無条件に免除するのでなければ、請求等について和解しないこととします) (iii)当社の費用で、全ての合理的な援助を当社に与えることを行うことを条件とします。
  2. 契約者は、契約者による本規約に違反した本サービスの利用が、第三者の知的財産権を侵害もしくは不正に流用している、又は適用ある法令に違反していると主張して、第三者が当社に対して行い又は提起した請求等から当社を防御するものとし、当該請求等に関連して最終的に当社に命じられた損害賠償、及び当社が負担した合理的な弁護士費用を、当社に補償するものとします。但し、当社が、(i)契約者に対して、速やかに請求等についての書面の通知を行うこと (ii)契約者に対し請求等の防御と和解についての完全な管理権限を与えること(但し、契約者は、当社の全責任を無条件に免除するのでなければ、請求等について和解しないこととします) (iii)契約者の費用で、全ての合理的な援助を契約者に与えることを条件とします。

第21条(責任の限定)

  1. いかなる場合も、本規約に起因し又は本規約に関連する何れかの当事者の責任の総額は、契約責任、不法行為責任、又はその他の責任理論に基づくものかを問わず、本規約に基づき契約者が支払った合計金額を超えないものとします。
  2. 何れの当事者も、相手方に対して、いかなる逸失利益もしくは逸失収益、又は間接、特別、偶発的、結果的、補填又は懲罰的損害についても、原因の如何を問わず、契約、不法行為又はいかなる責任の理論に基づく場合でも、またその当事者が当該損害の可能性を告げられていた場合であっても、責任を負わないものとします。上記の免責は、適用ある法令によって禁じられている場合には、適用されないものとします。

第22条(個人情報)

当社は、本サービスを利用する登録ユーザーの把握又はアカウントの管理を行う目的で、登録ユーザーに関する氏名、ニックネーム、メールアドレス、社員番号等の個人情報を取得することがあります。また、当社が取得した登録ユーザーに関する個人情報は、当社のプライバシーポリシーに従って利用するものとします。

第23条(一般条項)

  1. 何れかの当事者が、本規約に基づく何れかの権利を行使せず、又は行使が遅滞した場合でも、それらは当該権利の放棄を構成しないものとします。本規約に明示的に定める場合を除き、本規約に規定された救済は、当事者のその他の法令による救済手段に限定されるものでなく、それらに追加されるものとします。
  2. 本規約の何れかの規定が管轄権を有する裁判所により法令に反するものと判断された場合には、その規定は、裁判所によって修正され、法令により許される最大限まで、元の規定の目的を最もよく達成できるよう解釈されるものとし、本規約のその他の規定は有効に存続するものとします。
  3. 契約者は、要求された場合には、契約者の第9条2項(利用料金)の違反後に、当社が本規約に基づき、契約者が支払うべき料金又は負債を回収するために当社が負担した、全ての合理的な弁護士費用及びその他の費用を支払うものとします。
  4. 契約者は、本規約上の地位、本規約に基づく権利又は義務の全部又は一部を、当社の事前の書面による同意なく、承継、譲渡、担保提供等することはできません。当社は、契約者の事前の承諾を得ることなく、本規約上の地位、本規約に基づく権利又は義務の全部又は一部を第三者に対して承継、譲渡等することができるものとします。
  5. 本規約及び本規約に起因又は関連する紛争は、抵触法の原則に拘わらず、日本国法に準拠するものとします。
  6. 当社及び契約者は、東京地方裁判所を、本規約に起因又は関連する紛争を解決する第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。
  7. 本規約(全ての本規約の別紙を含みます。)は、両当事者間の完全な合意を構成し、書面か口頭かに拘わらず、本規約の目的事項に関する全ての従前又は同時期の合意、提案又は表明に優先します。

2015年11月20日 改訂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Leave a Reply

*